オリジナルの結婚指輪 Archives - 東京でオリジナルの手作り結婚指輪を作ってみたい!

HOME » オリジナルの結婚指輪

オリジナルの結婚指輪

結婚指輪を作るのなら本物が1番!

結婚指輪を手作りしたい!

結婚指輪は大事な宝物。だからこそ「自分達で手作りしてみたい!」と意気込んでいる方も、いらっしゃることでしょう。しかし手作りの結婚指輪は、願えば出てくるような魔法のアイテムではありません。
東京でオリジナルの手作り結婚指輪を作りたい人のために、結婚指輪にまつわる情報をお届けします。結婚指輪はどうやって手作りするのか、初めてでも大丈夫かどうかについて掘り下げてみました。
≫ 『結婚指輪を作るのなら本物が1番!』

結婚指輪と宝石

手作り結婚指輪に宝石を使ってみよう

結婚指輪を手作りする際に、宝石を埋め込む方もいらっしゃいます。単体でも美しい結婚指輪に宝石を入れると、輝きがより増すでしょう。オリジナル感も強まり、本当の意味での「世界に2つしかない」指輪の完成です。
では結婚指輪に使われる宝石には、どんなものが使われるのでしょうか。宝石となると、値段の変化も気になるところです。
≫ 『結婚指輪と宝石』

メンズの結婚指輪の特徴

メンズ結婚指輪

結婚指輪は男女で同じかたちのものを選ぶ人いれば、違うかたちのものを選ぶ人もいるでしょう。
例えば、男女で同じ宝石なしのシンプルな指輪を選んだり、女性はダイヤモンドなどの宝石がついているものを選んで、男性は宝石なしのシンプルなものを選んだりして、人それぞれで選び方は違います。

男性の選ぶ指輪の特徴ですが、ダイヤモンドなどの宝石がついていないシンプルなものを好んで選ぶ人は多くいます。
特に、普段スーツを着て仕事をしている人や、営業職の人、手を頻繁に見られるような仕事をしている人、サービス対応の仕事をしている人などはシンプルなものを選ぶ割合が高いといえます。

また、リング幅は女性よりも太めを選ぶ人もいれば、男女でほとんど変わらない幅の物を選ぶ人がいますが、男性のような大きな手には太めのものの方が似合うという理由から太めを好む人は多いです。
その他、素材については、シルバーやプラチナなどを選ぶ人が多いといえます。

特に、プラチナを選ぶ人が多く、変色や形の変化がほとんどなく、こまめなお手入れもシルバーほど必要ではないなどという点が人気の秘訣となっています。
ゴールドやピンクゴールドなどのリングを好む女性と比べて、男性は、職場の雰囲気や仕事内容も考慮して、シルバーやプラチナを選ぶ人が多くいます。

≫ 『メンズの結婚指輪の特徴』

結婚指輪ケースの役割と選び方

結婚指輪ケースの役割とは?

結婚指輪を入れるケースの主な役割は、「特別感」を演出することです。

大切な人に贈るものなので、指輪をより美しく魅せるケースに入れることで、よりいっそう特別感が増すでしょう。

また、結婚指輪をはずしているときの保管場所としても役立ちます。

外した指輪をケースにしまう習慣をつけることで、指輪を紛失してしまう心配もなくなるでしょう。

指輪が傷ついたり凹んだりするのを防ぐために、ケースを活用するのもおすすめです。
≫ 『結婚指輪ケースの役割と選び方』

ヴァンドーム青山で作れる結婚指輪

ヴァンドーム青山ではどんな結婚指輪を作れる?

東京でオリジナルの結婚指輪を作るためにお店を探しているとき、ヴァンドーム青山は気になるお店の1つになるでしょう。

日本の国内ブランドの中では有名で、こちらで結婚指輪を作る方もおられます。

店舗が東京に多数あるおかげで利用も簡単。

あとはどんな結婚指輪を作れるのかが大事ですが、こちらではさまざまなデザインを選べます。

詳しくご紹介しましょう。

≫ 『ヴァンドーム青山で作れる結婚指輪』

ロッカの結婚指輪

オリジナルデザインがうまく作れないときは

オリジナルの結婚指輪を東京で作ろうと思っていても、なかなかイメージが膨らまないこともありますよね。

そんなときはブランドの指輪を参考に見てみるのもおすすめです。

自分では思いつかないようなデザインを見るといい刺激になり、欲しい指輪のデザインがクリアになることもありますよ。

そのような刺激を受けるおすすめのブランドの指輪としてロッカをご紹介しましょう。

ロッカとは

1947年に創業されたジュエリーブランドで、日本各地への全国展開よりも、利用したお客様に満足してもらえるジュエリー作りの方を重視しているのが特徴です。

素材やデザインにこだわって高品質のジュエリーを作るほか、お店でのおもてなしにも力を入れています。

ファッションジュエリーのほか、ブライダルアイテム、さらにはフルオーダーやリフォームなどもやっています。

店舗があるのは西日本

東京ではあまり見たことのない名前かもしれません。

それもそのはずで、店舗は主に4つ、鹿児島、福岡、大阪、京都にあるのです。

全国展開をしているブランドではありませんから、東京にいると実店舗を利用する機会がなかなかないかもしれません。

≫ 『ロッカの結婚指輪』

東京でオリジナルの手作り結婚指輪が欲しい

東京の”どこ”にオリジナル手作り結婚指輪があるのか?

「東京でオリジナルの手作り結婚指輪が欲しい」と思うのは、当然のことです。

一生に一度のものになるからこそ、世界に2つしかない結婚指輪を求めるのは自然の成り行きと言えるでしょう。

ただ問題は、東京の”どこで”結婚指輪を手作りできるかです。

ジュエリーショップは普段からでもよく見かけるものの、指輪の手作り工房はほとんど見かけません。

意外と近くにある

東京でオリジナルの結婚指輪を手作りできるところは、意外とたくさんあります。

「嘘をつけ!そんな所は見たことがない」と、東京都民の怒りの声も聞こえてきそうですが、何1つ嘘は申しておりません。

「見たことがない」のではなく、見逃している可能性が高いです。

指輪が手作りできる工房と聞くと、どんな所を想像するでしょうか。

おそらく大自然のど真ん中にある工房や、油臭く機械だらけの場所を思い浮かべることでしょう。

しかし実際の指輪工房は、カフェと見間違えてしまうほどオシャレな場所になっています。

≫ 『東京でオリジナルの手作り結婚指輪が欲しい』

結婚指輪を夫婦の手で作る

世界に1つしかない結婚指輪が欲しい

「世界に1つしかない結婚指輪」を実現するには、手作りするのが1番です。

特別感が強くなり、2人の絆をより一層深めることができるでしょう。

しかし、実際にどうやって結婚指輪を手作りすれば良いのかわかりません。

そこで、東京でオリジナルの手作り結婚指輪を手にする方法についてまとめます。

オーダーメイドの結婚指輪

まず紹介するのは、オーダーメイドの結婚指輪です。

東京では、結婚指輪のオーダーメイドを承っている店が数多く並んでいます。

東京都内に住んでいるのなら、おそらく1回は店の前を通っている筈です。

流れは店によりますが、大まかな流れはほとんど変わりありません。

まずは来店した上で、どんなデザインの結婚指輪にするのかを話し合います。

もし希望するデザインがあれば、担当スタッフに直接伝えて下さい。

デザインが固まれば、いよいよ指輪作りの開始です。

完成までの期間は店にもよりますが、3ヶ月~半年ほどの時間を要する所がほとんどです。

もしオーダーメイドの結婚指輪を希望するのなら、なるべく早い段階で準備するようにして下さい。

≫ 『結婚指輪を夫婦の手で作る』

結婚指輪購入口コミ「結婚指輪の日付やイニシャルなども彫った」

1. 性別

男性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

6

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

夫:15万円 妻:20万円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

二人ともディズニーが好きなので、自分たちの考えたデザインでオーダーメイドで指輪を作りたいと考えていた。

妻が探してきたその会社はディズニー社とライセンス契約を結んでいるため、専属のデザイナーさんが私たちの好きなキャラクターやデザインの要望を丁寧に聞き取ってくれた。

それに基づいたデザイン案をスケッチで何枚も起こしてくれた。

結果的に、全体的なデザインは私の好きな映画「アラジン」の世界観をモチーフにし、二人の指輪の絵柄を合わせるとハートが浮かぶデザインのものが作れた。

妻も私もお互い納得して選ぶことができた。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「結婚指輪の日付やイニシャルなども彫った」』

ルビーとサファイアの結婚指輪

ルビーとサファイアで個性のある結婚指輪

結婚指輪の宝石といえば、ダイヤモンドです。

現在は放射線照射などで人工的に色をつけられる人工カラーダイヤモンドも作れるため、ダイヤモンド以外の宝石を結婚指輪で使うことも少なくありました。

けれどもルビーやサファイアなど、他の人があまり使わない宝石を使うことで、結婚指輪に深い意味を込めることができます。

ルビーとサファイアの石言葉

ルビーの石言葉といえば、「純愛」「情熱的な愛」「深い愛」など愛にまつわる言葉が多いです。

サファイアの石言葉は「誠実」や「慈愛」など、ルビーの石言葉と比べると、柔らかい意味合いの言葉です。

ただし結婚式で身に着けると幸福を呼ぶとされる「サムシング・ブルー」として、青いサファイアはぴったりの宝石です。

≫ 『ルビーとサファイアの結婚指輪』