0.3カラットの結婚指輪 - 東京でオリジナルの手作り結婚指輪を作ってみたい!

HOME » オリジナルの結婚指輪 » 0.3カラットの結婚指輪

0.3カラットの結婚指輪

0.3カラットのダイヤモンド

0.3カラットのダイヤモンドとは、どのような大きさなのでしょうか。

カラットは厳密にはサイズではないので、明確にこれぐらいと断言できません。

本来カラットとはダイヤモンドの重さを意味します。

ただ重さが同じであれば、サイズも似たり寄ったりになるので、多くの人はサイズをイメージしてカラットという言葉を使っています。

では0.3カラットはどれくらいの大きさなのかというと、約4.5mmです。

どれくらいの大きさかというと、大きすぎず小さすぎずちょうどよいサイズといったところでしょうか。

日本では結婚指輪で人気のあるサイズです。

0.3カラットのダイヤモンドが人気の秘密

日本では0.3カラットのダイヤモンドの指輪は人気です。

なぜかというと、フォーマルな場でも空気を読めるという点があるからです。

結婚指輪は一生身に着けられるように考えて作られているとはいえ、毎日身に着ける人は実際に限られています。

いつもは大切に保管していて、フォーマルな場で身に着けるようにしているという人も多いです。

ただしフォーマルな場は、自分以外の誰かが主役の場や、お葬式といった決して華やかさを求められない場であることもあります。

そんなとき、サイズが大きなダイヤモンドの結婚指輪を身に着けてしまうと、目立ってしまうことになります。

指先が華やかになりつつも、悪目立ちしないものと考えると、どうしても0.3カラット程度のダイヤモンドが適切となります。

0.3カラットの結婚指輪

0.3カラットのダイヤモンドは結婚指輪の主役になれるサイズです。

たとえシンプルなリングに、ポツリとダイヤモンドがあるようなデザインでも、0.3カラットのダイヤモンドを載せれば途端に華やかになります。

またわき役を付けていても違和感がないサイズです。

0.3カラットのダイヤモンドの周りに、0.1以下のカラットのダイヤモンドを敷き詰めても、悪目立ちするほど豪華になることはありません。

むしろちょうどよい華やかさで、指先を彩ってくれます。