結婚指輪は月収の3分の2ぐらいが一般的 - 東京でオリジナルの手作り結婚指輪を作ってみたい!

HOME » オリジナルの結婚指輪 » 結婚指輪は月収の3分の2ぐらいが一般的

結婚指輪は月収の3分の2ぐらいが一般的

婚約指輪と収入の関係

よく婚約指輪は男性の給料の3カ月分といわれます。月額25万円の男性が婚約指輪を贈るなら75万円の指輪を買うことになります。しかし、この金額は現状の数字とは少し違います。現在多く買われている婚約指輪の相場は39万円前後です。この数字は特殊な価格、1000万円とか500万円と言ったものも含む平均値です。一般的な婚約指輪といえば25万円ぐらいになるようです。つまり婚約指輪の価格は、男性の収入の1カ月分が現実的な相場になります。

婚約指輪と結婚指輪

一般的に婚約指輪は立て爪のダイヤモンドが入っているものや、バンドベルトでも小さなダイヤモンドを数個~十数個あしらったものが主流です。それに比べると結婚指輪は少し地味なものになります。婚約指輪は特別な時に結婚指輪と重ね付けすることが多いのですが、結婚指輪は普段づかいの人が多くなります。シンプルでカジュアルシーンやビジネスシーンにも違和感がないようなデザインが必要です。多いのは金属製のバンドベルトです。価格帯は婚約指輪の3分の2ぐらいが多くなります。

結婚指輪と収入の関係

婚約指輪が収入の1か月分なら結婚指輪は収入の3分の2程度ということになります。月収25万円の男性なら婚約指輪25万円、結婚指輪15万円合計40万円が平均的なところです。

相場はあくまで世間的なもの

婚約指輪や結婚指輪の考え方は個人個人違います。例えば、婚約指輪は頑張っていいものにしたので結婚指輪は少し節約する人もあります。最近は婚約指輪は省略して結婚指輪だけにすることもあります。この場合には結婚指輪を少し豪華なものにすることもあります。

二人が納得することが大切

婚約指輪+結婚指輪、結婚指輪だけ、どんな方法も二人が話し合って決めることが大切です。もちろん、サプライズでも構いません。サプライズプレゼントにするなら、余程しっかりと相手の希望を聞いておかないと気持ちがすれ違ってしまうこともあり得ます。