結婚指輪と婚約指輪の比較 - 東京でオリジナルの手作り結婚指輪を作ってみたい!

HOME » オリジナルの結婚指輪 » 結婚指輪と婚約指輪の比較

結婚指輪と婚約指輪の比較

結婚を考えた時に、用意することを考える指輪として婚約指輪と結婚指輪の二つがあります。
この婚約指輪と結婚指輪ですが、結局この二つの指輪ってどういった違いがあるのかわからないといった方も多いと思うんですね。
婚約指輪と結婚指輪の違いを知りたいけれど、だけど今更人に聞くことができないという方へ、婚約指輪と結婚指輪の比較をしてみました。
比較した際の違いとはどういったものがあるのでしょうか。

まず比較すると使う時が異なります。
婚約指輪はプロポーズをする際におくるものです。
よく男性の方が女性の方に、結婚してください、とプロポーズを行う時に同時に指輪の箱をぱかっとして見せる指輪、ドラマなどで見たことがあるという方も多くいらっしゃることでしょう。
そのぱかっとして渡す指輪が、いわゆる婚約指輪になります。
男性の方が女性の方に渡すものであり、またプロポーズをする際の愛の証になりますので、よりきらびやかで宝石があしらわれていたりと派手なデザインのものが多くなっています。

そして結婚指輪ですが、結婚指輪はお二人ペアでつけるものになります。
結婚式の指輪の交換の儀式の際に使用するもので、指輪の交換をすることで永遠の愛を誓うというものになります。
永遠の愛の証であり、また結婚しているという証にもなります。
結婚指輪は肌身離さずずっと毎日身に着けていくものになりますから、デザインとしては婚約指輪と全く違って比較的シンプルで無難なデザインのものが多くなります。

このように婚約指輪と結婚指輪とでは全く意味合いやデザインに関しても違ってくるものになります。
そもそもの婚約指輪と結婚指輪の違いがよくわからないと悩んでいらっしゃった方はこれで両方の意味がよく分かったのではないでしょうか。
婚約指輪も結婚指輪も素敵なものですよね。
男性の方は婚約指輪を渡す際に、より愛のこもったものを贈ろうということで比較的高額なものを贈られる方が多くいらっしゃいます。