手作り結婚指輪を東京で2人で作る際の流れ - 東京でオリジナルの手作り結婚指輪を作ってみたい!

HOME » オリジナルの結婚指輪 » 手作り結婚指輪を東京で2人で作る際の流れ

手作り結婚指輪を東京で2人で作る際の流れ

結婚指輪を手作りする際には、二人の手で手作りすることができる方法があります。
ではそんな2人で手作りする手作り結婚指輪はどういった流れで作ることができるものなのでしょうか。
手作り結婚指輪については、2人で結婚指輪を作れる工房やアトリエで作ることができます。
東京にも多くのそういった工房やアトリエがありますので、ぜひ手作りされることをおすすめします。

では東京にある手作り結婚指輪の工房やアトリエで手作りする場合には、どういった流れで作っていくものになるのでしょうか。
東京で作る手作り結婚指輪の流れをご紹介します。
まずは工房選びから始まりますよね。

そして気に入った工房を見つけたのであれば、まずはその工房に予約を行います。
手作り結婚指輪ではどうしても時間がかかってしまうというようなケースが多くありますので、できるだけ早めに予約を行うことをおすすめします。
結婚式をされるのであれば、結婚式までに結婚指輪を用意する必要がありますのでできるだけ早めに予約をするようにしましょう。
最近では手作り結婚指輪の人気がとっても高まってきていますから、予約もいっぱいになってしまっている工房も多くあります。
ですので早めに手作りするようにしましょう。

手作り結婚指輪の工房やアトリエに予約を行ったのであれば、その日に工房を訪れます。
そしてまずは結婚指輪の素材やデザインを2人で決めていくことになります。
プロのデザイナーなどのスタッフの方が一緒にデザインを考えてくれます。
予算に限りがあるのであれば、その予算の範囲内で素材やデザインを決めていきましょう。

そして次に手作りしていくことになります。
手作り結婚指輪の作り方には、彫金と呼ばれる金属の塊を加工して作っていく方法と、結婚指輪の原型を作っていく方法があります。
彫金では金属の塊が用意されているのでそれを加工していき、原形を作る方法ではワックスと呼ばれる素材を加工していきます。
プロのスタッフの方がついていてくれますから安心して手作りすることができます。