手作り結婚指輪を東京でふたりで作るデメリットについて - 東京でオリジナルの手作り結婚指輪を作ってみたい!

HOME » オリジナルの結婚指輪 » 手作り結婚指輪を東京でふたりで作るデメリットについて

手作り結婚指輪を東京でふたりで作るデメリットについて

最近東京で話題となっている手作り結婚指輪についてですが、カップルのおふたりで手作りするからこそ魅力的な結婚指輪が出来上がることかと思います。
とても魅力的な結婚指輪である手作り結婚指輪ってメリットだらけのように感じることかと思います。
東京にも手作り結婚指輪が作れる工房やアトリエが多くあります。
ですがメリットだけではなく手作り結婚指輪にはデメリットもあります。
ではそんなデメリットにはどういったものがあるのでしょうか。

手作り結婚指輪をふたりで手作りするデメリットについては、まず保証があげられます。
既製品として販売されているものを購入する場合では保証が充実しているという事実があります。
アフターサービスが充実しているため、日常生活において身につけ続けていくものですから安心して身に着けていくことができるというメリットがあります。
ですが手作り結婚指輪が作れる工房やアトリエによっては小さな工房やアトリエであればそういったアフターサービスが充実していないという可能性があります。
保証がいっさいなく、アフターケアを行ってくれないというような場合には、結婚指輪を身に着けていてサイズ直しをしてほしい、歪んでしまったので治したい、クリーニングに出したいといった場合でもそういったことを行うことができないというようなケースが多くあるのです。
ですのでそういった点ではデメリットになるといえるでしょう。

ですがもちろん東京にはアフターサービスが充実しているような工房やアトリエも多くあります。
ですので手作り結婚指輪を選択するのであれば、手作り結婚指輪を作る工房やアトリエ選びの場合には、アフターサービスが充実しているかどうかを確認して選ぶようにすることがポイントです。

また手作りをおふたりでするのですからおふたりの休みを合わせて時間が作る必要があるという点が忙しいカップルの方にとってはデメリットになってしまうかもしれませんね。